B型肝炎の感染経路

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされる病気ですが、人にうつるのかと気にしている人が少なくありません。
結論からいいますと、B型肝炎は人から人へとうつる病気です。
感染経路について説明しますが、おもにこの病気には垂直感染と水平感染を挙げることができます。
垂直感染は母子感染とも呼びますが、HBVに感染した母親の血液が胎児の体内に入り込むことにより感染します。
一方の水平感染ですが、これは性行為、輸血、タトゥー、覚醒剤、臓器移植といったことが原因で感染するのが特徴です。


ものによっては母子感染のように予防対策が充実し、ほぼ防止できるようになっているものもありますが、水平感染に関しては感染者数が多くなるのを助長しているようなものもあるのが実情です。
たとえば性行為により感染者が人に移したり、タトゥーを入れる際の針の使いまわし、覚醒剤を打つ際の注射の使いまわしなどが原因となって、B型肝炎になる人が多く、とくに若者が感染するケースが多くなっているのです。


B型肝炎ははじめは自覚症状に乏しいものの、徐々に全身倦怠感、食欲低下、発熱、黄疸といった症状が引き起こされるようになり、感染者の中には肝硬変や肝がんといった深刻な状態に陥る人もいます。
場合によっては命を落としかねない病気ですので、正しい知識を得て感染者の拡大防止や予防に努めなくてはいけません。
そのために必要な情報を当サイトで提供していますので、一読してみてください。



~特選サイト~
B型肝炎給付金請求の医療訴訟の相談ができます >>> B型肝炎 医療訴訟